ホーム > 当会について

東京大学仏教青年会について

東京大学仏教青年会とは

東京大学仏教青年会は、1919年(大正8年)、東京大学の学生を中心として創められ息の長い活動を続けてきた、歴史と伝統のある仏教青年会です。 東京大学学生に限らずどなたでも入会いただけます。

当会は宗教法人ではありません。特定の宗教、宗派への勧誘活動などは一切行っておりません。

沿革

当仏教青年会は、1919年(大正8年)、小野清一郎・木村泰賢・白井成允諸氏の主唱によって東京大学の学生を中心として創められ、 高楠順次郎・藤岡勝二・村上専精らの支援をうけて発展、以下の沿革を経て息の長い活動を続けてきた、歴史と伝統のある仏教青年会です。

現在は本郷の一画に会館を構え、公開講座・仏典講読会・坐禅会・念仏会・写経会・仏像彫刻会等の他、学生有志による各種研究会の開催、 並びに機関誌『仏教文化』、『仏教文化研究論集』の発行など幅広い活動を行っており、これらの諸活動や会員相互の交流を通じ、 仏教精神に触れ自己を見つめなおす場となることを目指しております。

当会は、東京大学学生に限らずどなたでも入会いただけますので、仏教に関心をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

東京大学仏教青年会年表
1919(大正8)年3月 発足
1920(大正9)年2月 上野桜木町福寿院内に学生寄宿舎創設
1924(大正13)年11月 本郷に会館仮建築落成
1927(昭和2)年6月 『仏教文化』創刊
1942(昭和17)年5月 財団法人設立許可
1964(昭和39)年6月 日本信販ビル7階に会館落成
1969(昭和44)年9月 『仏教文化』復刊
1984(昭和59)年7月 『仏教文化学術増刊号』刊行
1993(平成5)年9月 日本信販ビル2階に新会館落成
1997(平成9)年3月 『仏教文化研究論集』創刊

入会案内

当会で開催される講座・サークル等にご参加いただくには、会員登録が必要です。
入会をご希望の方は、所定の入会申込書にご記入の上、当館受付までご提出下さい。
入会申込書は受付にて用意しておりますが、電話等で入会希望の旨をお伝えいただければ、申込書類一式を郵送いたします。
また、申込書のみを当ホームページよりダウンロードできますので、申込書にご記入の上、郵送またはFAXにてお送りいただければ、後日振替用紙等を郵送いたします。
入会時には当年分の年会費をお支払いいただきます。窓口にお持ちいただくか、郵便振替用紙にてお支払いください。

年会費(平成21年4月1日改訂)
学生会員:大学・大学院(含専門学校)に在学する者・・・年間 5000円
一般会員・・・年間 7000円
特別会員:本会の維持に特別に協力する者・・・年間 10000 円以上

> 申請書等ダウンロードページへ

会館使用(レンタルスペース)について

会館利用心得にもとづき、東京大学仏教青年会会館は、各種講座の空き時間帯のみレンタルスペースとしてご利用いただけます。 東京メトロ丸の内線、都営大江戸線本郷三丁目駅から徒歩3分、東京大学本郷キャンパスへも徒歩5分の利用しやすい立地です。講演会や会議、サークル活動などに是非ご利用ください。

部屋 使用料金
ホールA ・・・1時間3,000円
ホールB ・・・1時間3,000円
禅室 ・・・1時間3,000円
セミナー室 ・・・1時間3,000円

使用時間は準備、片付け時間を含めた時間で申請して下さい。
部屋の詳細はこちらをご参照ください。> 会館案内

会館を利用できる者は、原則として当会会員に限りますので、初めてご利用される方は先に会員登録をお済ませください。 外部の団体が当会会館の利用を申請する場合は、会館利用心得ならびに以下の条件を遵守していただきます。

1 会合に当会の会員が1名以上参加していること。
2 会合に当会の会員が参加できない場合は、当会会員に下の身元保証欄に署名捺印をしてもらい提出すること

なおスケジュールは当会主催の講座および会員サークルが優先されます。 ご希望の部屋・時間を確保できない場合もございますので、事前にスケジュールページ、または電話、メール等でご確認いただくことをお勧めします。

> 申請書等ダウンロードページへ

その他ご不明の点がありましたら、当会までお問い合せください。