ホーム > 出版 >「仏教文化」 目次(50号―)

「仏教文化」 目次(50―54号)

・筆者役職は発刊当時のものとなっています。
・サンスクリット語の表記には「KHフォント」を使用しています。フォントを利用できない環境では「KH方式」に基づいて表示されます。

・第50号 (2011.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
神は壷を作るか?― インド哲学における神の存在証明― 護山 真也 (信州大学准教授) 第269回公開講座講演より書き下ろし
仏青・印哲・如来蔵 高崎 直道(東京大学名誉教授) 第270回公開講座(東京大学仏教青年会創立九十周年記念誌発行記念)講演より
無宗教から法然・親鸞の仏教へ 阿満 利麿(明治学院大学名誉教授) 平成22年東京大学五月祭における講演
アウトドア般若心経 みうらじゅん 平成21年東京大学五月祭における講演

・第51号 (2012.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
日本仏教における修行道の展開―止と観の視点から― 蓑輪 顕量 (東京大学教授) 第272回公開講座講演より書き下ろし
「唯識」と私の出会い 横山 紘一(立教大学名誉教授) 第273回公開講座講演より書き下ろし
手塚アニメ『ブッダ』と古代インドの芸術文化 井上 貴子(大東文化大学教授) 第274回公開講座講演より書き下ろし
大宇宙の中の私たち 観山 正見(国立天文台 台長) 第275回公開講座講演より書き下ろし
行事としての交流から、人と人とのふれあいへ―日韓仏教交流紀行 二〇一一― 田村 航也(曹洞宗城満寺住職・曹渓宗大本山海印寺教授師)
バングラデシュの仏教簡見 蓑輪 顕量 (東京大学教授)

・第52号 (2013.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
災害支援と悲しみから生まれる力―死生の文化の継承と再創造― 島薗 進(東京大学教授・宗教学) 第276回公開講座講演より書き下ろし
これが噂のカラリパヤットゥだ!―カラリパヤットゥと空手とダルマのファンタジー― 船津 和幸(信州大学教授) 第277回公開講座講演より(加筆修正稿)
曼荼羅世界の実現に向けて 小峰 彌彦(大正大学教授) 第278回公開講座講演より書き下ろし
釈迦族の国家 土田 龍太郎(東京大学名誉教授) 第279回公開講座講演より書き下ろし
つぎはぎ漫画仏教入門 呉 智英(京都精華大学マンガ学部客員教授)

・第53号 (2014.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
童話から見えてきた仏教の世界 東 ゆみこ(東京大学大学院人文社会系研究科付属次世代人文学開発センター特任助教) 第280回公開講座講演より書き下ろし
福島原発事故による避難世帯への学習支援について 藤井 淳(駒澤大学仏教学部専任講師) 第281回公開講座講演より(加筆修正稿)
インドの農村社会のおける儀礼と歌唱―生活に根差した信仰と音楽― 丸山 洋司 先生(東京藝術大学演奏芸術センター教育研究助手)・サワン ジョシ(東京藝術大学音楽研究家専門研究員) 第283回公開講座講演より書き下ろし
死の実相がわかれば仏教がわかる 青木 新門(作家・詩人) 平成25年度東京大学五月祭における講演

・第54号 (2015.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
〈梵天勧請〉が意味するもの 矢島 道彦(駒沢大学客員教授・東京大学非常勤講師) 第284回公開講座講演より書き下ろし
テーマパークとしてのヒンドゥー教聖地 宮本 久義(東洋大学教授) 第285回公開講座講演より
儒教のお葬式 池澤 優(東京大学教授) 第286回公開講座講演より書き下ろし
問答から公案へ 小川 隆(駒澤大学教授) 第287回公開講座講演より書き下ろし
現代を生きる力としての仏教 釈 徹宗(相愛大学人文学部教授) 平成26年度東京大学五月祭における講演
雑感集二〇一三年 ジッリォ・エマヌエーレ・ダヴィデ(東京大学大学院)

 1―9号目次     10―19号目次     20―29号目次     30―39号目次     40―49号目次

 刊行機関誌のページに戻る