ホーム > 出版 > 仏教文化研究論集目次一覧

仏教文化研究論集目次一覧

・筆者役職は発刊当時のものとなっています。
・サンスクリット語の表記には「KHフォント」を使用しています。フォントを利用できない環境では「KH方式」に基づいて表示されます。

第1号 (1997年3月)

タイトル 著者 役職
発刊にあたって 上村 勝彦 当会理事長、東京大学東洋文化研究所教授
Remarks on the KAvyamAlA ― edition of Jayadratha's HaracaritacintAmaNi 土田 龍太郎 東京大学大学院人文社会系研究科教授
An Instance of Syncretism of the Spanda- and PratyabhijJA-systems 戸田 裕久 東方研究会研究員
如來常住経としての『大法鼓経』 鈴木 隆泰 東京大学東洋文化研究所助手
ことばの矛盾と正義の三条件 ― ショ ― ペンハウア ― の相対無とケルゼンの法哲学 ― 土庫 澄子 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程

第2号 (1998年2月)

タイトル 著者 役職
シッダセーナの伝えるサーンキヤ説
― SAMkhyaprabodhadvAtriMzikA 第12,15偈を中心として ―
有賀 弘紀 日本学術振興会特別研究員
未知対象想定の一般形式と新得力想定への適用
ZAbarabhASya における arthApattiapUrva
片岡 啓 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
Tsong kha pa における無自性論証と純粋否定 四津谷 孝道 国際仏教学研究所専任研究員
MakhAdevasutta と NimijAtaka ― サッカのニミ王訪問 ― 入山 淳子 東京大学大学院人文社会系研究科助手
MaitrAyaNIya UpaNiSad 6.33 の位置づけ及び 34-38 における展開
Zatapatha BrAhmaNa 及び古散文ウパニシャッドとの関連から ―
伊澤 敦子 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
宗密思想における中国固有思想 ― その批判と受容 ― チョウ・ユンホ 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
南条文雄と清末仏教 陳 継東 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程

第3号 (1999年3月)

タイトル 著者 役職
An introduction to the DelarAmAkathAsAra 土田 龍太郎 東京大学大学院人文社会系研究科教授
SAdhInajAtaka 現存テキスト構成についての一考察 入山 淳子 東京大学大学院人文社会系研究科助手
arthApatti における virodha ― 未知対象想定の本質と展開 ― 片岡 啓 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
聖典解釈学の文意論 ― anvitAbhidhAna 説と abhihitAnvaya 説 ― 藤井 隆道 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
小栗栖香頂の『真宗教旨』の内容及び中国での反響 陳 継東 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学
『観仏三昧経』における観仏と念仏 藤丸 智雄 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
ドイツにおける日本研究一端 末木 文美士 東京大学大学院人文社会系研究科教授

第4号 (2000年3月)

タイトル 著者 役職
ゲルク派による経量部学説理解(2)普遍実在説 吉水 千鶴子 東京大学人文社会系研究科非常勤講師
アシュヴァメ ― ダにおける説話朗唱の発展史 ― パーリプラヴァ朗唱とヴィーナー奏者の歌 ― 手嶋 英貴 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
一切知者の時間認識 ― PramANavAttikAlaGkAra PVUvv.136-137 の解読 ― 護山 真也 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程、当会主事
『安楽集』「第一大門」の訳注研究 中国仏教研究会
道範著『秘密念仏抄』引用文献出典注記 佐藤 もな 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程

第5号 (2001年3月)

タイトル 著者 役職
Zu ChAndogya-upaniSad 2,11-21 TSUCHUDA,Ryutaro (土田 龍太郎) Professor, the University of Tokyo (東京大学大学院人文社会系研究科教授)
インド聖典解釈学の法源論 ― 知覚と聖典の住み分け ― 片岡 啓 日本学術振興会特別研究員
『菩薩地』における「分別 (vikalpa) から生じる vastu」の解釈の展開について 高橋 晃一 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
説一切有部における upakleza・kleza・paryavasthAna の関係 ―『倶舎論』「随眠品」を中心として ― タン ソウチャイ 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
ミティラー炎上の詩節をめぐって 2 入山 淳子 東京大学大学院人文社会系研究科助手

第6号 (2002年3月)

タイトル 著者 役職
推理は推理を排撃するか 小野 卓也 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
「一切法不可説」の論理 ― ジュニャーナシュリーミトラ作『アポーハ論』著作の目的 ― 北原 裕全 高野山大学助手(非常勤)
『倶舎論』「随眠品」第 1a 偈と該当散文における有 (bhava) の解釈について タン ソウチャイ 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
スリランカの比丘尼サンガ ― 史書からみたその歴史 ― 藪内 聡子 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
『浄土論註』讃嘆門に関する諸問題について ― 近代以前の注釈書を通して ― 藤丸 智雄 教学研究所研究生、
武蔵野女子大学仏教文化研究所研究員
敦煌本『壇経』の悟達観より見た神会派 ― その成立への関与をめぐって ― 高堂 晃壽 東京大学大学院人文社会系研究科助手

第7号 (2003年3月)

タイトル 著者 役職
『大雲経』の構造 鈴木 隆泰 山口県立大学助教授
文意認識をめぐるある懐疑 藤井 隆道 日本学術振興会特別研究員
説一切有部における邪見の概念 ―『倶舎論』「随眠品」を中心として ― タン ソウチャイ 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程
道範に関する基礎的研究 ― 伝記史料を中心として ― 佐藤 もな 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程

第8号 (2004年3月)

タイトル 著者 役職
認識の確度と行為発動条件 ― インド古典論理学派各論師の真知論の特徴 ― 志田 泰盛 東京大学大学院博士課程
全知者批判の展開に関する一視点 ― プラジュニャーカラグプタの議論を中心として ― 護山 信也 日本学術振興会特別研究員
≪顕≫と≪密≫ ― 玄叡と空海における顕密概念の形成 ― 藤井 淳 東京大学大学院博士課程
至徳・広徳年間における湛然の足跡 池 麗梅 東京大学大学院博士課程

第9号 (2005年3月)

タイトル 著者 役職
シャンカラ付託章に関する一考察 ― Zbh は前主張から始まっているのか?− 加藤 隆宏 東京大学大学院博士課程(インド・プネー大学留学中)
四尋思・四如實智に見られる思想展開 ― 『菩薩地』から『大乗荘厳経論』を中心に− 高橋 晃一 東京大学助手
『釈軌論』の仏身論 ― 変化身としての釈尊− 堀内 俊郎 東京大学大学院博士課程
敦煌出土の『維摩経』僧肇単注本について 池 麗梅 東京大学大学院博士課程


第10号 (2006年3月)

タイトル 著者 役職
十二分教考 ― 瑜伽行派における sUtra, avadAna, vaipulya, upadeza 解釈− 堀内 俊郎 東京大学大学院博士課程
『倶舎論』における三世実有説批判 ― サーンキヤ学派の転変説批判との関連から ― 清水 元広 東京大学大学院博士課程単位取得満期退学
ギェルツァプジェによる唯識派の対象認識の解釈について 村上 徳樹 東京大学大学院博士課程
『十地経論』における六相について 金 京南 東京大学大学院博士課程

第11号 (2007年3月)

タイトル 著者 役職
三性説における nimitta の位置づけ
―MahAyAnasUtrAlaMkAra と MadhyAntavibhAga
松田 訓典 東京大学大学院・日本学術振興会特別研究員
『[イ屯]眞陀羅所問如來三昧經』の漢訳者について 宮崎 展昌 東京大学大学院
註釈家による CatumahApadesakathA の理解
―「世尊の言葉」の意味をめぐって―
青野 道彦 東京大学大学院
『金剛秘密山王伝授大事』と恵心流との関連について
―その血脈を手がかりとして―
白 勝娟 東京大学大学院
『蓮宗宝鑑』に見られる臨終思想 張 欣 東京大学大学院
法悟の三十三法門解釈 吉川 太一郎 東京大学大学院
作業・受報の主体への批判
―部派仏教文献を中心として―
清水 元広 東京大学大学院博士課程単位取得満期退学

第12号 (2008年3月)

タイトル 著者 役職
NyAyapariziSTa について(2)
―詭弁の諸相―
小野 卓也 駿河台大学非常勤講師
『阿闍世王経』の編纂事情に関する一考察
―「大乗」「無生法忍」などの術語の用例に関連して―
宮崎 展昌 東京大学大学院
北朝時代における方等懺と好相行
―『大方等陀羅尼経』十二夢王石刻図像の新発見とその意義―
倉本 尚徳 東京大学大学院
『蓮宗宝鑑』における仏国土思想
―円融四土選仏図―
張 欣 東京大学大学院
覚苑の『大日経』理解 吉川 太一郎 東京大学大学院

第13・14号 (2011年3月)

タイトル 著者 役職
『末燈鈔』第一通についての註釈的研究 日野 慧運・江田 昭道 東京大学大学院/浄土真宗本願寺派教学伝道研究センター研究員
伝守覚法親王著『右記』の写本について 『右記』研究会
(今川佳世子・佐藤もな・豊嶋悠吾・前川健一)
ジャイナ教白衣派聖典における布薩―アンガ聖典を中心として― 堀田 和義 東京大学大学院 G-COE特任研究員

第15・16号 (2013年3月)

タイトル 著者 役職
道宗の仏教信仰 吉川 太一郎 東京大学大学院博士課程修了
世親作『縁起経釈』の触支解釈―心の構造と認識― 荘 崑木(釈 大田) 東京大学大学院博士課程修了
ヴェーダ時代におけるスータと王族 石原 美里 東京大学大学院

 刊行機関誌のページに戻る