日本仏教綜合研究学会とは

日本仏教綜合研究学会設立趣意書

設立発起人 
松尾剛次 大久保良峻 曽根原理 蓑輪顕量 伊藤 聡 上島 享 菊地大樹 楠 淳證 佐藤眞人 中村生雄 
花野充道 松尾恒一 水上文義 三橋正 吉田一彦

 拝啓 日本仏教を研究対象とする研究者の間でお互いの情報を共有していない状況のもと、分野を越えて交流する研究会を作ろうとの目的をもって、日本仏教研究会が平成三年に誕生したことは皆様ご承知のことと存じます。そして、その会は当初の予定通り十年の歳月が流れた昨年(平成十三年)に解散となりました。しかし、所期の目的を達成したとはいえ、研究会を立ち上げた時の目的と状況認識は未だに色あせておりません。

 実際、仏教学、歴史学、文学、宗教学、倫理学、日本思想史学、美術史学、建築学、音楽、考古学など日本仏教を対象に研究する領域は多方面に亘りますが、それぞれの分野において細分化が進み、あまりにも専門性が高くなり、研究諸領域から全体を見渡すことはますます困難になっていると言わざるを得ません。たとえば、仏教学を例に挙げれば、問題意識の固定化が顕著で、また各宗学の中では独自性のみが強調され、他の領域の人には理解しにくい研究が進められていると言っても過言ではありません。歴史学においても時代と領域が限定され、ますます個別具体化が助長される傾向にあると言えます。

 私たちは、このような認識のもと、日本仏教研究会は発展的に解消したものと考え、その初期の問題意識と目的とを踏まえた上で新たに学会組織を作り、異なった方向性を提示し再出発しようと決意いたしました。ここに、日本の仏教を学際的にしかも総合的に研究するとともに、その関連領域の研究者間の交流及び研究情報の共有を目的として、日本仏教綜合研究学会を創設することを発起いたします。

 私たちの設立の趣旨に賛同して頂き、一人でも多くの方に入会して頂きたく、ここにご案内申し上げます。

敬具

日本仏教綜合研究学会 会則

2018年度役員名簿(アイウエオ順)

(会長)吉田一彦
(理事)上島 享 大久保良峻 菊地大樹 曽根原理 原田正俊 朴澤直秀 松尾剛次 蓑輪顕量 吉田一彦 頼住光子
(評議員)荒木 浩 石井清純 上島 享 大久保良峻 大谷栄一 大谷由香 梯 信暁 菊地大樹 佐藤眞人 佐藤文子 清水邦彦 曽根原理 髙橋悠介 田村完爾 近本謙介 寺尾英智 永井 晋 野口圭也 原田正俊 平澤キャロライン 福島栄寿 朴澤直秀 増記隆介 松尾剛次 道元徹心 蓑輪顕量 三輪是法 吉田一彦 頼住光子 渡辺麻里子 Lucia Dolce Robert Rhodes
(監事)冨樫 進 藤本 誠
(編集委員)荒木 浩 上島 享 菊地大樹 曽根原理 近本謙介 原田正俊 福島栄寿 朴澤直秀 増記隆介 蓑輪顕量 ロバート=ローズ ブライアン=ルパート ジェームス=バスキンド ファビオ=ランベッリ(外国語文献担当)
(幹事)金子奈央 柴田憲良

2016年4月現在

お問い合わせ先

〒467-8501
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町山の畑1
名古屋市立大学人間文化研究科 吉田一彦研究室内
日本仏教綜合研究学会
E-mail nbsjimu@gmail.com