ホーム > 講座案内 > サークル一覧
講座一覧
外国語講座
サンスクリット初級
サンスクリット中級
タミル古典講読
中国語
韓国語中級
青少年のための仏教塾
日本仏教入門
漢文仏典講読会
仏教漢文にふれる
仏教聖典を読む会
念仏会
アビダルマ入門
連続講座
坐禅会
仏像彫刻会
写経会
佛画会
仏典とインドの古典を
読む会

サークル一覧

公開講座

仏青展

開講講座案内

会員が自主的に運営するサークル

いずれの会も見学可能です。なお,各講座・サークルにつきましては,休講や開講時間等が変更される場合もございます. 参加ご希望の方は,事務局までお問い合わせ下さい。

事務局:月〜土曜日10:30 - 17:00(Tel. 03-3813-5903)

声明愛好会

声明愛好会 活動風景
声明愛好会©東京大学仏教青年会

講師

谷口 昌彦 先生

声明愛好会は一九九九年一〇月に、当時、東京大学大学院のインド哲学仏教学研究室で博士課程一年の同級だった工藤雅也師と谷口が、天台声明の練習・実践を通して、ストレス発散と健康増進を図る、ごくごく私的な同好会として始まりました。
工藤師が大学院を離れられてからは、工藤師のご指導で谷口が修得した、天台声明の基本的な旋律形と日常の儀式で唱えられる文句を練習しております。
教理や理論には深く立ち入りません。声明に興味のある方、声を出してストレスを発散したい方等々、誰でもお気軽にご参加ください。まずは一緒にお唱えしてみましょう。
テキストは回旋譜の譜面をコピーしてお渡しします。
(11月の日程は,11/5, 12, 26日(全て火曜日)の19:00-20:00です.)


東大佛青筆禅会

東大佛青筆禅会 活動風景
東大佛青筆禅会 活動風景©東京大学仏教青年会

筆禅とは筆で禅を行ずることで,いま・ここ・われを尽す稽古で,養気法・坐禅・書道・名品を鑑賞します。
(第2火曜日 14:30 - 17:15)


真龍会

『公案集』の講読,並びに坐禅。
(毎週木曜日 15:00 - 16:30)



坐禅と正法眼蔵研究の会/DOGEN SANGHA

DOGEN SANGHA
DOGEN SANGHA©東京大学仏教青年会

仏道修行の実践編として坐禅を行い,理論編として西嶋和夫著『現代語訳正法眼蔵』の講読を行います。
(毎月第1・3・5土曜日《英語の部》13:00 - 14:30,《日本語の部》14:30 - 17:00)

坐禅と正法眼蔵 ドーゲン・サンガ赤心会幹事のブログ 


東京国際坐禅グループ

英語による坐禅指導と『正法眼蔵』の講義。
(第2・4土曜日《午前の部》11:00 - 12:00 坐禅,《午後の部》12:30 - 13:00 坐禅,13:00 - 14:00 講義)



筆禅会

筆禅会 活動風景
筆禅会活動風景©東京大学仏教青年会

筆禅とは筆で禅を行ずることで,坐禅と書の稽古を併せ行ずることにより,自己本来の面目を書に表現し,そこを深めてゆきます。
(第4土曜日 13:00 - 16:30)

使用テキスト

『筆禅道の世界』

講義内容

養気法(気を整える体操),坐禅(1回約20分を2[火+主]), テキスト『筆禅道の世界』の講読,名品鑑賞(先達・先師の墨跡・名品を鑑賞し,書を通して書いた人の境涯を学び,自身の書の向上をはかります), 書道稽古・寸評・質疑応答など,茶礼。

備考

1,筆,硯,紙,墨等は会にて準備します。
2,半切(清書用紙),書道用具,資料,茶礼菓子等の費用は会員の喜捨によります。
3,坐禅・書の稽古等,身体が動かしやすい服装(作務衣・トレーニングパンツ等)は,各自準備してください。


ハタ・ヨーガの会

講師

さいとう 弓 先生(東京大学大学院・YogAnandi主宰)

毎週金曜日 11:00–12:30

適宜ヨーガのアーサナ(ポーズ)だけでなく、いろいろな身体へのアプローチをしながら快適な身体を作り、より繊細な感覚から呼吸に意識を向けて、瞑想へ広い門戸を開きます。
また、ヨーガ哲学のお話から解剖学・生理学の知識も取り入れ、まったくの初心者から長年実習されている方まで参加できる内容となっています。
最後には必ず瞑想の時間を取ります。心地よく座り、呼吸を落ち着けて、毎日を穏やかに過ごすための感覚を養っていきましょう。
プロのスポーツ選手や音楽家から、床に座ることが困難な年配の方までを指導していますので、身体の柔軟性・体力はまったく問いません。
動きやすい服装、畳の上に横たわることが気になる方は下に敷けるバスタオル等をお持ちください。

参加は3,000円/回です。
不定期のお休みがありますので、おいでの際は「スケジュール」のページにて確認をしてください。