ホーム > 講座案内 > アビダルマ入門
講座一覧
外国語講座
サンスクリット初級
サンスクリット中級
タミル古典講読
中国語
韓国語中級
青少年のための仏教塾
日本仏教入門
漢文仏典講読会
仏教漢文にふれる
仏教聖典を読む会
念仏会
アビダルマ入門
東アジア仏教入門(英語)
坐禅会
仏像彫刻会
写経会
佛画会
ハタ・ヨーガ講座
仏典とインドの古典を
読む会

サークル一覧

公開講座

仏青展

開講講座案内

アビダルマ入門

講 師

一色 大悟 先生(東京大学特任研助教)

開講日

第3金曜日 18:30-20:00  講義開始日 4月20日(金)

講義のねらい

アビダルマ(阿毘達磨、阿毘曇)とは、釈迦仏の教説を解釈・整理することで体系化された知を表す言葉です。さらにはそれを記した文献や、それを研究する学問系統も指します。アビダルマはインド仏教諸部派に起こりましたが、なかでも説一切有部のものは、中国・日本・チベットなどのいわゆる北伝仏教において仏教教義の基礎学として重視され、学ばれ続けてきました。
 講義形式で説一切有部アビダルマについての知識を噛み砕いて説明してゆくことで、現代日本では聞きなれないアビダルマを身近に感じられるようにしてゆきたいと思っています。

講義内容

 本講座は昨年度に、説一切有部アビダルマの概要と仏教史上の意義、「アビダルマ」の語義、古代インドから現代日本までのアビダルマ学習史、アビダルマの形而上学的思考についてお話してきました。今年度はさらに一歩進め、アビダルマの世界観、アビダルマと仏道修行などについて解説してゆきたいと思います。昨年度から継続した内容ではありますが、本年度から参加される方でもついてゆけるように配慮いたします。テキストは毎回講師が用意したプリントを使用します(コピー代実費負担)。