ホーム > 講座案内 > 東アジア仏教入門(英語)
講座一覧
外国語講座
サンスクリット初級
サンスクリット中級
タミル古典講読
中国語
韓国語中級
青少年のための仏教塾
日本仏教入門
漢文仏典講読会
仏教漢文にふれる
仏教聖典を読む会
念仏会
アビダルマ入門
東アジア仏教入門(英語)
坐禅会
仏像彫刻会
写経会
佛画会
ハタ・ヨーガ講座
仏典とインドの古典を
読む会

サークル一覧

公開講座

仏青展

開講講座案内

Reading Gyōnen's Hasshū Kōyō: A Classic Introduction East Asian Buddhism
(東アジア仏教入門:英語で凝然の『八宗綱要』講読)

講 師

Thomas Newhall 先生(東京大学大学院)

開講日

第1,第3月曜日 18:00-19:30  講義開始日 4月16日(月)

Summary

In this course, we will continue to read the Hasshū Kōyō 八宗綱要, or "The Essentials of the Eight Schools," a well-known overview of the history and doctrines of Buddhism written by the Kamakura era scholar-monk Gyōnen 凝然 (1240–1321). The past semester, we have been closely reading the preface (jobun 序文) to the text, and will begin the main text (honbun 本文) this semester, choosing sections of the text based on the interests of the students.
The first class will give brief overview of Gyōnen and the text and of the text itself for new students, and then we will read the text by first going through the Japanese yomi-kudashi 読み下し reading, and then explaining the text and its contents through a handout and translation prepared by the instructor. These explanations will be given principally in English, with additional explanations in Japanese when necessary. The class will meet twice monthly.
The Hasshū Kōyō is divided according to the "eight schools" or "eight traditions" (hasshū 八宗) by which Buddhist doctrines were understood at the time. These are the the Kośa School (俱舍宗), the Chengshi (or Jōjitsu) School (成実宗), the Vinaya School (律宗), The Faxiang (or Hossō 法相) School (法相宗), the “Three Treatises” School (三論宗), the Tiantai (or Tendai 天台) School (天台宗), The Huayan (or Kegon) School (華厳宗), and the Shingon School (真言宗). To this, an appendix was added later in Gyōnen's life that includes two additional schools, the Zen School (禅宗) and the Pure Land School (浄土宗). While this division into separate "schools" or "traditions," as well as some of the historical details that Gyōnen omits or obscures may be questioned by modern scholars, in general his outline of the "essentials" (kōyō 綱要) still provides an introduction to some of the most important individuals, their works, as well as the doctrinal concepts and terminology that form the backbone of East Asian Buddhism.

講座概要

 この講座では、前期の続きで『八宗綱要』を講読します。今までは「序文」を読んで来ましたが、初めての方のために初回では本書の紹介と今までの読んだ箇所を要約してから続きを読みます。『八宗綱要』とは、鎌倉時代の学僧である凝然(1240–1321)が著した、東アジアに伝来した仏教の歴史や教理の著名な概概説書です。「序文」を読み終えたら、参加者の興味に従って、「本文」を読みます。授業では、元文の読みを確認してから、講師が用意した訳文を見ながら、その内容や用語を説明します。説明は、主として英語を使いますが、必要に応じて補足説明を日本語で行います。本講座は毎月第一・第三月曜日に開講して、初回は4月16日(月)となっております。
 『八宗綱要』とは、総説の後に、当時の仏教理解に基づく八つの「宗」(「伝統」「伝承」「学派」もしくは「宗派」も意味する)により仏教を区分します。この「八宗」は倶舎宗、成実宗、律宗、法相宗、三論宗、天台宗、華厳宗、そして真言宗です。その上に、晩年の重修によって、もう二つの宗派、禅宗と浄土宗が加えられます。これらの「宗」による仏教の分け方、もしくは凝然が無視する歴史的なポイントは現代の学者によって批判されますが、本書は、今でも東アジアの仏教の背骨となる主要な人物、著作、そして教理の概念や用語を紹介する書物としてなお価値があると考えられます。