ホーム > 出版

東京大学仏教青年会の出版物一覧

刊行書籍

東京大学仏教青年会では仏教書籍を出版しております。頒価(税込み、()内会員価格)にて販売しておりますので、ご希望の方は当会窓口までお越し頂くか、当会までご連絡下さい。

『仏教思想講座』東京帝大仏教青年会 ,第1-12輯,昭和14-15年(絶版)
『現代人の仏教聖典』大蔵出版,昭和48年初版(絶版)
『現代仏教聖典』大蔵出版,平成4年初版(絶版)
『【新装版】現代仏教聖典』
中村元先生を中心とした編集委員会の下、当時の当会メンバーが編集に参加した『現代人の仏教聖典』(昭和48年)は、平成4年に装いも新たに『現代仏教聖典』として刊行されました。以来二十五年に亘るロングセラーとなったこの『現代仏教聖典』が、この度『【新装版】現代仏教聖典』として復刊される運びとなりました。版型はそのままにソフトカバー版となり、より読みやすく、よりお求めやすくなっております。未曽有の災害や社会情勢の不安に悩まされる現代にあって、未来を生き抜くための一つの指標として、いまいちど『現代仏教聖典』を世に問います。
(東京大学仏教青年会編,大法輪閣,平成28年)
¥2,916(¥2,333)
『佛敎聖典』三省堂,昭和9年初版,昭和53年増補改訂版¥3,900(¥3,510)
『佛敎聖典 増補・机上版』
『佛教聖典』(昭和九年初版)が増補・机上版として新しく生まれ変わりました。 インド・中国・日本の主要な仏典を抜粋収録、総ルビ付き。伝統的な読み方によって仏教の基礎をしっかり学ぼうとする方にうってつけです。
(東京大学仏教青年会編,三省堂,平成20年度新装増補・机上版)
¥7,600(¥6,800)
『財団法人東京大学仏教青年会九十周年記念誌』
創立九十周年を迎えた当会の、大正8年(1919)年からの来歴を、現職スタッフを中心にまとめた書籍。 散逸した往年の記録を集め、当時を知る元主事・講師のインタビュー記事を収録、またカラー写真を豊富に使用して見やすく製作しました。 時々の世相を反映しつつ、時代の荒波を乗り切って存続してきた、当会の歴史を知る資料集として、ぜひご一読下さい。
(東京大学仏教青年会編,山喜房佛書林,平成21年)
¥3,000(¥2,400)

東京大学仏教青年会が執筆・編集に関わった書籍です。当会窓口ほか、全国書店にてお求めいただけます。

『仏教 雑学3分間ビジュアル図解シリーズ』
ブッダの教えから、その歴史、各宗派の違いまで。日本人なら常識として知っておきたい仏教の基礎知識を、図解でわかりやすく解説する。末木文美士監修。
(PHP研究所,平成7年)
¥1,200(¥1,008)
『朝日おとなの学びなおし! 宗教学 お経で学ぶ仏教』
お葬式や法会で読誦されるお経は、いったい、なにを説き、どうありがたいのか。般若心経、法華経、無量寿経など、代表的なお経を現代語訳し、解説。 宇宙論から死生観、こころの安らぎまで、「お釈迦様の教え」の真髄を知る。(本書表紙より)
蓑輪顕量先生(東京大学教授、仏青元主事)が総論の執筆を担当されたほか、蓑輪先生監修のもと、東京大学仏教青年会のスタッフが経典の解説および現代語訳の執筆を担当しております。
(朝日新聞出版,平成24年)
¥1,400

刊行機関誌


『仏教文化』
『仏教文化』は東京大学仏教青年会で年に一度刊行している雑誌です。 当仏教青年会にて行われた公開講座、講演旅行などを中心として、会員の方からの投稿も掲載しております。本会の活動を知って頂くためにも、ぜひご一読下さい。
当会会員の方は無料、それ以外の方にも現在頒価1,000円にて販売しております。
「仏教文化」バックナンバー目次 1-9 号10-19号20-29号30-39号40号-49号50号-
*一部の記事が閲覧できます。「備考」欄の をクリックしてください。
『仏教文化研究論集』
『仏教文化研究論集』は、『仏教文化』学術増刊号から独立して創刊された論文集です。
仏教学に限らず、仏教と関連ある隣接分野の研究論文を掲載することにより、広い立場から仏教研究に寄与することを目的として、年に一回発刊しています。
「仏教文化研究論集」バックナンバー目次