ホーム > 出版 >「仏教文化」 目次(40号―)

「仏教文化」 目次(50号―)

・筆者役職は発刊当時のものとなっています。
・サンスクリット語の表記には「KHフォント」を使用しています。フォントを利用できない環境では「KH方式」に基づいて表示されます。

・第50号 (2011.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
神は壺を作るか?―インド哲学における神の存在証明― 護山 真也 (信州大学准教授) 第269回公開講座講演より書き下ろし
仏青・印哲・如来像 高崎 直道 (東京大学名誉教授) 第270回公開講座(涅槃会記念)講演より
無宗教から法然・親鸞の仏教へ 阿満 利麿 (明治学院大学名誉教授) 平成22年度五月祭講演
アウトドア般若心経 みうら じゅん (作家) 平成21年度五月祭講演

・第51号 (2012.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
日本仏教における修行道の展開―止と観の視点から― 蓑輪 顕量 (東京大学教授) 第272回公開講座講演より
「唯識」と私との出会い 横山 紘一 (立教大学名誉教授) 第273回公開講座講演より
手塚アニメ『ブッダ』と古代インドの芸術文化 井上 貴子 (大東文化大学教授) 第274回公開講座講演より
大宇宙の中の私たち 観山 正見 (国立天文台台長) 第275回公開講座講演より
行事としての交流から、人と人とのふれあいへ―日韓仏教交流紀行 二〇一一― 田村 航也 (曹洞宗城満寺住職・曹渓宗大本山海印寺教授師)
バングラデシュの仏教簡見 蓑輪 顕量 (東京大学教授)

・第52号 (2013.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
災害支援と悲しみから生まれる力―死生の文化の継承と再創造― 島薗 進 (東京大学名誉教授) 第276回公開講座講演より
これが噂のカラリパヤットゥだ!―カラリパヤットゥと空手とダルマのファンタジー― 船津 和幸 (信州大学教授) 第277回公開講座講演より
曼荼羅世界の実現に向けて 小峰 彌彦 (大正大学教授) 第278回公開講座講演より
釈迦族の国家 土田 龍太郎 (東京大学名誉教授) 第279回公開講座(涅槃会記念)講演より
つぎはぎ漫画仏教入門 呉 智英 (京都精華大学マンガ学部客員教授) 平成24年度五月祭講演

・第53号 (2014.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
童話から見えてきた仏教の世界 東 ゆみこ (東京大学大学院人文社会系研究科付属次世代人文学開発センター特任助教) 第280回公開講座講演より
福島原発事故による避難世帯への学習支援について 藤井 淳 (駒澤大学仏教学部専任講師) 第281回公開講座講演より書き下ろし
インドの農村社会における儀礼と歌唱―生活に根ざした信仰と音楽― 丸山 洋司(東京藝術大学演奏芸術センター教育研究助手)・サワン ジョン(東京藝術大学音楽研究科専門研究員) 第283回公開講座(涅槃会記念)講演より
死の実相がわかれば仏教がわかる 青木 新門 (作家・詩人) 平成25年度五月祭講演

・第54号 (2015.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
〈梵天勧請〉が意味するもの 矢島 道彦 (駒澤大学客員教授・東京大学非常勤講師) 第284回公開講座講演より
テーマパークとしてのヒンドゥー教聖地 宮本 久義 (東洋大学教授) 第285回公開講座講演より
儒教のお葬式 池澤 優(東京大学教授) 第286回公開講座講演より書き下ろし
問答から公案へ―禅問答小史― 小川 隆 (駒澤大学教授) 第287回公開講座(涅槃会記念)講演より書き下ろし
現代を生きる力としての仏教 釈 徹宗 (相愛大学人文学部教授) 平成26年度五月祭講演
雑感集二〇一三年 ジッリオ エマヌエーレ・ダヴィデ (東京大学大学院)

・第55号 (2016.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
東西の華厳宗―中世の東大寺と称名寺― 道津 綾乃 (神奈川県立金沢文庫主任学芸員) 第288回公開講座講演より
玄奘三蔵はるかなる旅 吉村 誠 (駒澤大学教授) 第289回公開講座講演より書き下ろし
仏教と公共性―震災から考える― 藤丸 智雄(浄土真宗本願寺派総合研究所所長) 第290回公開講座講演より
縁起と空 斎藤 明 (国際仏教学大学院大学教授・東京大学名誉教授) 第291回公開講座(涅槃会記念)講演より
幸せのために仏教ができること 田口 ランディ (作家) 平成27年度五月祭講演

・第56号 (2017.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
仏教ユーモアを通しての人生観―アメリカ仏教のユーモアを交えて― ケネス 田中 (武蔵野大学教授・日本仏教心理学会会長・国際真宗学会会長) 第293回公開講座講演より
唯識思想と菩薩行 高橋 晃一 (東京大学特任研究員) 第295回公開講座(涅槃会記念)講演より
旅と物語 夢枕 獏 (作家) 平成28年度五月祭講演

・第57号 (2019.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
唯識という実践 佐久間 秀範 (筑波大学教授) 第296回公開講座講演より
チベット密教の伝授の現場―哲学と行― 石濱 裕美子 (早稲田大学教育・総合科学学術院教授) 第297回公開講座講演より
カンタン英単語で学ぶブッダの教え 大來 尚順 (一般社団法人寺子屋ブッダ理事) 第298回公開講座講演より
古代南インドの食事(酒付き) 高橋 孝信 (東京大学名誉教授) 第299回公開講座(涅槃会記念)講演より
これからの仏教―寺子屋ブッダの見据える未来― 松村 和順・大來 尚順・早島 英観 平成29年度五月祭講演より

・第58号 (2019.12) 

タイトル 著者(役職など) 備考
密教と顕教 種村 隆元 (大正大学仏教学部准教授) 第292回公開講座講演より
唯識の現代的意義 横山 紘一 (立教大学名誉教授) 第300回公開講座講演より
禅が伝える心の鏡 柳 幹康 (花園大学国際禅学研究所 専任研究所員・専任講師) 第301回公開講座講演より
「ブッダ最後の旅」を考える 丸井 浩 (東京大学名誉教授) 第302回公開講座(涅槃会記念)講演より
道を得ることはまさしく身をもって得るなり 藤田 一照 (前・曹洞宗国際センター長) 平成29年度五月祭講演より
行脚時代の雪峰義存と会昌破仏前後の禅林 土屋 太祐 (新潟大学准教授) 第303回公開講座講演より
上座部仏教における善巧方便 河ア 豊 (東京大学助教) 第304回公開講座講演より
オーストラリア・マインドフルネス調査旅行記 蓑輪 顕量 (東京大学大学院人文社会系研究科教授) (寄稿報告)

・第59号 (2021.03) 

タイトル 著者(役職など) 備考
東大仏青の百年 木村 清孝 (東京大学名誉教授・曹洞宗龍宝寺住職)・蓑輪 顕量 (東京大学大学院人文社会系研究科教授・東京大学仏教青年会理事長) 東京大学仏教青年会創立百周年記念対談より
安らぎはどこに?―涅槃会にちなんで― 木村 清孝 (東京大学名誉教授・曹洞宗龍宝寺住職) 東京大学仏教青年会創立百周年記念講演より
はじめてのジャイナ教 堀田 和義 (岡山理科大学教育推進機構准教授) 第306回公開講座講演より
百年泥々 石井 遊佳 (作家) 令和元年五月祭講演より
宗派仏教と虎関師錬の時代―〈ひとつの仏教〉をキーワードにして― 菊地 大樹 (東京大学史料編纂所准教授) 第307回公開講座講演より
ベトナム・マインドフルネス調査旅行記 蓑輪 顕量 (東京大学大学院人文社会系研究科教授) (寄稿報告)

 1―9号目次     10―19号目次     20―29号目次     30―39号目次     40―49号目次

 刊行機関誌のページに戻る